音楽はやっぱり楽しい!

習い事にはピアノ!頭が良くなる、そうかもしれないけど今日はそういう話しではなく今日は私の学生時代の話を書いてみたいと思います。

 

私は小さいころからピアノが大好きで、音大も自分で行きたいと思い、近所のピアノ教室から音大附属の音楽教室に入室しました。

 

そこでのレッスンは本当に厳しくて、つらくて、毎日悩んで毎週レッスンが終わっては悔しくて泣いてばかりでした。

 

でもそれでも辞めたいと思わなかったのはピアノが大好きで、上手くなりたいと思っていたからです。ピアノを嫌いにはならなかった、でも上手くなりたい、ちゃんと弾けるようになりたいという思いが先行してしまい、音楽を楽しむことを忘れてしまっていた気がします。

 

 

もちろん、音楽だから好き勝手演奏していいわけではなく、楽譜を読み取る力、それを表現できるしっかりしたテクニックを身につけた上で、音楽を楽しむことができると思っています。

そう!あくまで楽しむため!苦しむために練習するわけではないんです。

 

 

だから、自分の生徒さんたちにはまず楽しんでほしい、音楽を大好きになってほしいと思っています。

クラシックでもなんでもいいから、心からいいなあと感動した音楽を聴いた人は、ちょっとのことでは音楽を嫌いになりません、なれません笑笑

 

だってあんなにいいものなんだもん。あんなに感動できることだから、これを知ったらピアノは辞められないんです笑笑

 

 

ピアノは脳にいい、頭がよくなる、集中力がつく、いろんないいことがあるかもしれないけど、それより私たちは純粋に音楽が好きで、それを共感したい、小さい頃から何かに感動できる感性を身につけてほしいと思っています。楽しいな、純粋にそう思ってくれるだけで、十分ではないでしょうか??

 

赤ちゃんだって、楽しい音楽を聴いたらにこにこ笑顔になるし、怖い音をきいたら泣いてしまうそういう感性が大事かな

 

 

子供には子供のうちにしかできない純粋な音楽を奏でてほしい、心からピアノを楽しんでほしいと思います。

 

 

未分類

2019.7.23

RSS Anri ピアノ教室ブログ

コメント一覧

コメントはこちらからどうぞ


TOP