ピアノをはじめたきっかけ③

さてさて前回は皆さまにどんよりとしたエピソードを公開してしまいました、、今回はちょっと希望が見えてきたお話しです笑

はじめてのことだらけで、必死な中学高校時代を過ごしてきた私ですが、小さなことですが今までの結果が少しでたことがありました。

私の通っていたピアノ教室では定期試験のようなものがあり、ピアノ科の先生方と附属教室なので大学の教授の先生もおよびして試験をするというものがありました。点数や先生方の講評もでる試験なのですが、そこで自分の目標の点数をとることができました。その試験曲を練習しているときから、やっとですが、レッスンで先生から言われていることがわかったような気がしていました。弾くたびに、こういうことだったんだ!とたくさんの発見をして、レッスンでも先生とのやりとりがスムーズにできたことを今でもよく覚えています。

そんな手応えのある曲を試験で演奏し、思い通りの結果をだせたことは、私にとってとても大きな自信になりました。

これでいいんだ、こうやって弾けばいいんだ!

今までの練習は間違えていなかったのだと思え、やっぱりあきらめなくてよかったと思いました。

そこから受験があり、高校時代からお世話になっていた先生に大学も師事することができ、とても充実した音大の学生時代を送りました。

音大でのエピソードはまたいつかお話ししたいなと思っています。

幼稚園の私がなぜピアノをやりたかったのか、理由はわかりません、、笑笑

でもあのときから、ピアノが好き!楽しい!その気持ちだけでずっと続けてきました。

ピアノの先生になった今、生徒さんたちにもピアノを音楽を楽しんでほしい、まずは楽しんで、音楽が大好きになってくれたら!そう思ってレッスンしています。好きなことがどんどん上手になっていくこと、ホームページにもある、できた!という喜びをたくさんの生徒さんたちと一緒に感じたいと思います(^^)

どうせやるなら、楽しまないとね!

未分類

2019.9.13

RSS Anri ピアノ教室ブログ

コメント一覧

コメントはこちらからどうぞ


TOP